取引

暗号化通貨種類

暗号化通貨種類

Wisebitcoinでマージン取引の為にご提供している通貨の種類は下記の通りです。
USD, JPY, EUR, BTC, ETH を基盤として提供しており更に多くの種類をアップデートする予定です。

BTC ビットコイン (BTC)

ビットコインは、世界中の誰にでも瞬時に支払いを行うことができるインターネット上でのみ流通する分散化されたデジタル 通貨です。ビットコインは、 「Peer to Peer」と呼ばれる通信システムを使用し、中央銀行のような中央機関を介さず取引を 行えます。トランザクション管理や資金の発行はネットワーク上で一括して実行されています。

ビットコインは、サトシ・ナカモトを名乗る人物の論文に基づいてリリースされました。 ビットコインのオープンソースソフトウェアは拡張され、様々なクライアントが使用しています。

1998年 Wei Daiが計算式を解くことで仲介を持たず全体を形成することができるといった構想を提唱するが、 実装には欠けていました。その後、サトシ・ナカモトによりThe Cryptography Mailing List上に投稿され、 分散型暗号通貨として初の実装リリースとなりました。特定の国や社会経済的背景において、サービスや商品、他の通貨との 交換を受けることにより入手できます。ビットコインのすべての取引履歴はブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録され、 複雑な計算式を解くことでトランザクションは検証され、台帳に記録されます。 この仕組みを利用することで、中央機関に頼らない金銭の授受が成立します。 ビットコインは、法定通貨に値するに望ましい特性を持っています。 携帯性、耐久性に優れ、分割での使用や他の通貨への変換も可能でした。そして何より希少価値が高く、偽造が困難です。

ETH イーサリアム (ETH)

イーサリアムは、「Peer to Peer」を使用していることや、Etherという独自のデジタル通貨を使用していることからビットコインとよく似ているといわれています。イーサリアムは2014年、Dappsやスマート・コントラクトを構築することを目的にVitalik Buterinによって作成されました。いわば、イーサリアムは世界のコンピュータです。 ビットコインは、ブロックチェーン上に残高やトランザクションを記録するのに対し、イーサリアムのブロックチェーンは、 異なる多様なデータを記録することに優れています。分散型アプリケーションのDappsをブロックチェーン上で動かすことに よってスマート・コントラクトを実現させています。 世界中の開発者たちは、イーサリアムのブロックチェーンを利用し 分散型アプリケーションを構築し、実行することが可能となりました。これらは、ブロックチェーンの性質を利用し、 財務や個人情報管理などの業界での活用を目的としています。

ETC イーサリアムクラシック (ETC)

イーサリアムクラッシックは、スマートコントラクトと呼ばれるシステムを備えたプラットフォームです。取引情報が ブロックチェーンで管理されているのに加え、契約情報もブロックチェーン上に記録することができます。分散化されたチューリング完成仮想マシン、イーサリアム仮想マシンを提供し、国際的なネットワークを使用することができます。イーサリアムクラッシック では、 "classic ether"と呼ばれるトークンも提供されています。これは参加者の間で転送されウォレットに格納され、ETCの下で 暗号交換で取引されます。内部トランザクション価格設定メカニズムであるガスは、ネットワーク上のスパムを防止し、要求によって提供されるインセンティブに比例してリソースを割り当てるために使用されます。

イーサリアムクラッシックはThe DAOのハッキング事件をきっかけに分裂しました。イーサリアムの開発チームのフォーク賛成派と 反対派で意見が割れた為でした。現在は、イーサリアムのプラットフォームはETCとETHの2つのバージョンに分かれています。 ハードフォーク前のトークンはイーサリアムと呼ばれ、フォーク後は古いトークンがイーサリアムクラッシックとなり、 新しいトークンイーサリアムの名を保持しました。

XRP リップル (XRP)

リップルはリアルタイムの総決済システム(RTGS)、リップルによる両替および送金ネットワークです。 Ripple Transaction Protocol(RTXP)またはRippleプロトコルとも呼ばれ、分散オープンソースのインターネットプロトコル、コンセンサス元帳、および XRP(リップル)と呼ばれるネイティブ暗号化に基づいています。 2012年にリリースされたRippleは、「チャージバックなしで、 あらゆる規模の安全で、即時かつほぼ無料の世界的な金融取引を可能にする」と主張しています。それは、金銭的通貨、暗号違反、 商品、または頻繁な飛行マイルや移動時間などの他の価値単位を表すトークンをサポートします。リップルは、分散したプロセスでの支払い、交換、送金を可能にするコンセンサスプロセスを使用する共有された公開データベースまたは元帳をベースにしています。

リップルは伝統的な銀行に起因するいくつかの欠点を改善することができます。数百万のトランザクションを頻繁に処理する プラットフォームでも、リップルネットワーク上でトランザクションは数秒以内に解決されます。これは、電信送金を完了するのに 数日または数週間かかりそうな銀行とは異なります。 Rippleでの取引を行う手数料も最小限であり、標準取引で必要とされる 最小取引費用は0.00001 XRPに設定されています。

BCH ビットコインキャッシュ (BCH)

ビットコインコミュニティの一部のメンバーは、ブロックサイズの上限を引き上げないことは問題を先送りにしただけであると いうプレッシャーに直面していました。2010年に1MBまたは100万byteに設定されたブロックサイズは、トランザクション 処理速度を遅くするだけでなく、人気が高まるにつれ通貨の可能性を制限していました。

ブロックサイズの増加に焦点を当てて、何年にもわたって取引処理に取り組んできました。ビットコインのチェーンは中央機関によって管理されていない為、チェーンを変更するためには開発者やマイナーたちの買い入れが必要になります。

このアプローチは、結論が出るまで長い時間を要するものでした。ビットコインキャッシュの暗号通貨ウォレットは2017年8月にフォークを開始し、ビットコインのブロックをトランザクションを排除し始めました。その後、ビットコインのブロックチェーンと後方互換性がなくなりました。ビットコインキャッシュは、ビットコインの中でも最も広く受け入れられました。

ビットコインキャッシュの一番の目標は、処理可能な取引の数を増やすことです。ビットコインキャッシュはビットコインと異なり、トランザクションの一部を削除することによりブロック領域を解放するように設計されており、ブロックサイズが1MBから8MBに増加しました。これは、PayPalやVisaに匹敵する取引量といえるでしょう。

LTC ライトコイン (LTC)

Litecoin はピアツーピアのインターネット通貨です。ほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができます。中央集権型とは異なる完全分散型であり、オープンソースでグローバルな決済ネットワークとなります。数学によりネットワークの 安全性を確保し、個々人による財政管理能力を高めています。主要な数学ベースの通貨と比べ、トランザクションの確認時間が短く、 ストレージの効率性に優れているのが特長です。業界による多大な支持、取り引き量、流動資産などの実績を見てわかるように、Litecoin は Bitcoin を補完する商取引媒体となります。 ・取引速度:Bitcoinのアルゴリズムでは10分毎に1つブロックが生成されますが、Litecoinの取引速度は2.5分毎と4分の1の速度です。

DASH ダッシュ (Dash)

より速く、より匿名性の高い取引をユーザーに提供するためにBitcoinからフォークされたピアツーピア暗号化通貨です。ダッシュは、 分散型ブロックチェーンガバナンスシステムを備えた初のデジタル通貨です。 DashはDigital Cashの混成語で、市場の通貨記号はDASHです。

DashはXcoinとして2014年1月に発売され、その名前がDarkcoinに変更され更に2015年3月、 DarkcoinはDashとして改称されました。 Dash は、Bitcoinがフォークして作成されました。つまりBitcoinの既存のコードを複製し、 ユーザーがBitcoin取引時に直面した問題に対処することでBitcoinのコードを改善しました。 DashではBitcoinの欠陥や弱点が 存在しないため、両方のデジタルコインの効率が大幅に異なります。 Bitcoinの代わりとしてDashはより速くより匿名性の 高いサービスをユーザーに提供します。 Dashにはユーザーが実行した取引を匿名化するPrivateSend(以前のDarkSend)と呼ばれるコインジョインミキシング技術があります。 Coinjoinは複数のユーザーの取引を別々の取引ではなく、1つの取引として混在させます。

例えば、AからD、BからE、CからFの3つの資金移動がブロックチェーン上でA、B、CからD、E、Fに読み取られます。この方法では、 誰からどのくらいの金額の資金が送金されたか、という情報が第三者にはわかりません。 PrivateSendでは、少なくとも3人の異なる ユーザーが取引を行う必要があり、これらのユーザーが合併して資金の痕跡を隠すことになります。

EOS EOS (EOS)

イオスはDan Larrimerによって生み出されたイーサリアムと同様のブロックチェーン技術です。 彼はまた、スチームとビットシェアの創始者でもあり、2017年6月26日に該当プロジェクトはICOを開始しました。

イオスは技術的に文佐方アプリケーション(dapps)開発のためのブロックチェーンプラットフォームとして、機能的にイーサリアムと類似しています。 実は、支持者たちはそれをイーサリアムキラーと呼んでいる。これは分散型アプリケーションが使用できる運用体制と似たサービスや機能を提供することで、 分散型アプリケーション開発を容易にしました。

イオスには様々なスマート技術に対する最上の機能や規約を集めるといったアイディアも潜んでいます。 例えば、ビットコインのセキュリティやイーサリアムのコンピューティング支援といったものが挙げられます。 イオスコミュニティは日常的に使用するユーザーのために簡単かつ大規模に拡大・縮小が可能な分散型アプリケーションプラットフォームを提供するために努めています。

XMR モネロ (XRM)

BitcoinやEthereumをはじめとするほとんどの既存の暗号化通貨は、透明性のあるブロックチェーンを持っており、 世界中の誰もがトランザクションをオープンに検証し、追跡することが可能です。さらにこれらのトランザクションのための送信および受信アドレスは、潜在的に現実の個人情報にリンクすることができる可能性をもっています。 Moneroは暗号化を用いて、送受信されたアドレスだけでなく、取引金額も保護します。

すべてのMoneroトランザクションは、デフォルトで送受信アドレスと取引金額を難読化します。この常時プライバシーは、選択的に 透明性のある暗号化通信(例えば、Z-Cash)とは異なり、すべてのMoneroユーザーのアクティビティが他のすべてのユーザーの プライバシーを強化することを意味します。 Moneroは置き換え可能です。難読化のおかげで、Moneroは以前の取引への参加を通じて汚染されることはありません。 これは、 Moneroが常に検閲のリスクなしで受け入れられることを意味します。

Moneroは、世界中のどこからでも迅速かつ安価な支払いを可能にする電子マネーです。 多日保有期間がなく、不正請求のリスクもありません。 これは 経済不安定を経験している国々における伝統的な通貨のフローを極端に制限する措置である「資本規制」によって守られています。

ZEC ジーキャッシュ (ZEC)

ZCashは、ユーザーとそのトランザクションに匿名性を提供する分散型ブロックチェーンを使用した暗号化方式です。 デジタル通貨であるZCashは、オープンソースの機能を含めて多くの点でBitcoinに似ていますが、その主な違いはそれぞれの プライバシーと互換性のレベルにあります。

ZCashはZero-Knowledge Proofと呼ばれる暗号化ツールを採用しています。これにより、2人のユーザーがどちらの相手にもアドレスを明らかにすることなくトランザクションに参加することができます。 Zero-knowledge proofは各取引に関連する金額と同様に 両当事者の住所を難読化して、ZCashトランザクションをブロックチェーン上で追跡できないようにします。ブロックチェーンに 記録されたアドレスは実際のユーザーの支払いアドレスではなく、シールドであるため、特定の資金の経路を送信者または受信者まで追跡することは不可能に近くなります。これは実際のパブリックアドレスから別のパブリックアドレスに転送される金額を示す Bitcoinや他の多くのブロックチェーンと異なります。Zero-knowledge proofは取引に関与する当事者が相手方の身元、 したがって支払い履歴に関与しておらず相手のコインの支払いを拒否することができないため、高いレベルの代替性を提供します。

XLM ステラ (XLM)

Stellar Networkは、個人と企業の間のすべてのインターネット取引を持する分散プラットフォームです。 Stellar Networkのサーバーは、すべてのトランザクションを追跡してバランスをとるように設計されています。 Stellar Networkのユーザーは、基本的にステラルーメンコインを保持できる仮想アカウントを持っています。

Stellar Lumens(XLM)は、Stellar Networkの資産を表す暗号化された通貨の形態です。 ルーメンは、デジタル通貨単位に相当します。有形通貨ではありませんが、全世界にお金を送金して、 安全に他の通貨に様々な取引を促進するために効果的に使用することができます。 ルーメンは、StellarNetworkが資産を公開したのは2014年で、資産は1000億ステラルーメンだった。 ほとんどの通貨が短い形式であることを考えると、ステラルーメンコインはXLMとも呼ばれます。

Stellar Networkは、ステラルーメンコインを含むすべての取引を実行し、運営しています。通常の中央銀行システムは、政府、 中央銀行、および企業の取締役会が通貨の貨幣を印刷して通貨の分配を決定するのに対し、分散型のステラネットワークは、暗号技術を適用する基盤のサーバーに依存していますルーメンコインを分配する。

REP オーガ (REP)

オーガは脱一元化された予測市場プラットフォームです。 オーガrはREPトークン所有者が予測市場を共有した後、結果に応じてインセンティブを受けることができるプラットフォームです。 オーガ市場への参加条件は取引の共有、市場予測、または誤ったシステムをレポートした時です。

オーガでイベント開催者はイベントの期間、予測内容、確認ソースおよび決済費用をセッティングします。トレーダーは、イベントが生成された直後オーガ市場で参加することができます。オーガ契約は、イベントのすべての履歴を保存したり、当時の最高の価格で締結可能にします。トレーダーがイベントに参加した時の支払い費用を支払います。イベントの結果は、開催者の設定に従うか、または必要に応じてオーガの脱集中オラクルによって決定されます。

REPトークン保有者はオーガイベントに参加する事ができます。 REPトークン保有者は、結果が間違っていたと思うイベントに対して7日以内の結果について反論する権利を持っています。オーガイベントで紛争が起きたときには、REP保有者が自分たちが保有するREPトークンを使用して、市場の結果を変えることができます。もし結果が反転であれば、その結果に関与したユーザーは、50%の投資資本収益率(ROI)を得ることができます。オーガOracleが、実際の結果に問題がないようにインセンティブを常に支払います。

GNO グノーシス (GNO)

Gnosisはエテルリウムプロトコルに基づいて脱一元化された仮想パスワード貨幣であり、主に予測市場での取引を共有します。予測市場は不特定のイベントで提供される情報の仮想市場です。 Gnosisはエテルリウムを活用して、次世代のブロックチェーンのプロトコルにアップグレードされたスマート契約を可能にし、検閲に対する耐性、グローバルな実用性とプラットフォーム運営の透明性を確保します。 Gnosisはエテルリウムを介して中間過程と取引相手のリスクを除去することができます。

「オークション価格の予測」、「政策予測(Futarchy)」「財政の市場、保険市場」などでGnosisが使用されています。例えば、オークション専門会社は、オークションの価格と売り手にどのくらいの利益を保証するかのような変数に対して、事前の市場予測をして実際のオークションの価格を決定することをサポートします。株式市場では証券研究機関がGnosisを活用し、予想される株式の基本的なフィードバックを得ることができます。

Gnosisの手数料は、新しい結果のトークンが生成されるたびに、プラットフォームとして使用する参加者に課されています。 (互換性のある結果トークンであるERC 20は毎回のイベントの結果によって生成されます。)すべてのイベントの契約は、少なくとも二つ以上の選択肢があります。 (予測市場からの質問は、「Amazonの次の本社の場所は?」であり、これに対する選択肢はa)フェニックスb)シカゴc)アスティンd)他の都市であることがあります。)このプラットフォームの手数料はOWLトークンで支払うことができます。 Gnosisトークンは(GNO)OWLトークンのジェネレータであり、一つのOWLは、1ドル相当の手数料を支払う際に使用することができます。

QTM クアンタム (QTM)

クアンタムはシンガポールのQtum Foundationが開発したオープンソース ブロックチェーンプロジェクトです。 クアンタムはハイブリッドブロックチェーンのアプリケーションプラットフォームです。 クアンタムの核心技術はビットコインコアのフォークであるイーサリアム仮想マシン(EVM)を含め、複合仮想マシンを許容するアカウント抽象化階層そして産業使用事例の検証を目的とするProof-of-Stakeを結合します。

このようなクアンタムの核心技術を通じて、スマート契約及び分散アプリケーションをおなじみの基盤で実行するのみならず開発者に強力な開発環境を提供することができるでしょう。 根本的な技術は、EVMとビットコインの未使用トランザクション出力モデル間の接続の役割をするアカウント抽象化階層を使用します。また開発者が信頼することの出来る情報ソースを中心としてスマート契約を結ぶことが出来るようOracles及びデータフィード機能が提供されます

ADA カルダノ (ADA)

カルダノはデジタル通貨を送受信するのに使用される仮想通貨エイダの発信地とも言えるでしょう。このデジタル通貨は通貨の未来を現しており、暗号化技術の使用を通して安全性が保証されたスピーディーでダイレクトな送金を可能にします。

カルダノは単なる仮想通貨を超えて、現在全世界の個人や組織、政府が日々使用している金融アプリケーションを実行できる技術プラットフォームです。このプラットフォームは階層で構成されており、これを通しシステムをより簡単に維持管理し、ソフトフォーク方式でアップグレードすることができます。エイダを使用した精算階層が完了すると、将来の商業やビジネスを支えるデジタル法律契約であるスマート契約を処理するために分散コンピューティング層が構成されることになります。 また、カルダノはある特定の当事者が統制することなく、代わりにブロックチェーンで運営する分散型アプリケーションで実行されます。