メインメニュー

PDFダウンロード

MT5で提供されているメインメニューには、「ファイル」、「表示」、「挿入」、「チャート」、「ツール」、「ウインドウ」、「ヘルプ」の7つのメニューに分類されております。それぞれメインメニューの詳細機能は、以下のタブをクリックすると、説明を確認することができます。

新規チャート
新規チャートが表示されます。ドロップダウンメニューの通貨ペアの一覧が表示され、ユーザーは表示するチャートを選択できます。 通貨ペアをクリックすると、新しい通貨チャートのペアが表示されます。
チャートの再表示
削除されたチャートはこのメニューで復旧できます。 ツールメニュー - オプション - チャートタブで「削除されたチャートを保存する」が選択されている場合、チャートリカバリが利用可能になります。
チャートのプロファイル
ユーザーはチャートのタイプと期間を保存 / 削除できます。 ユーザーはツールグループのボタンと同じ機能を実行することができます。また、以前に保存したものをダウンロードすることもできます。
閉じる
MT5のアクティブチャートを閉じます。 ショートカットキー「Ctrl + W」または「Ctrl + F4」でも同様に実行できます。
画像として保存
チャートデータは、JPGファイルで保存することができます。ショートカットキー「Ctrl + S」で同様に実行できます。
データフォルダを開く
コンピュータに保存されたデータフォルダを開きます。 保存されたフォルダをデータ、価格履歴、設定ファイル、MQL4プログラムなどとして利用できます。ショートカットキー「Ctrl + Shift + D」で同じ機能を実行できます。
印刷
印刷機能。ツール-オプション-チャートでカラー / 白黒を選択できます。ショートカットキー「Ctrl + P」でも同様に実行できます。
印刷プレビュー
印刷前にドキュメントの印刷バージョンがどのように表示されるかを画面上に表示する機能です。
印刷設定
プリンター、用紙サイズ、印刷の向き
デモ口座を開く
口座を開設するとターミナルは最初のプログラム開始時にデモ口座の開設を提案します。口座開設の第1段階は接続するサーバーの選択です。
取引口座にログイン
既存のアカウント(デモもしくはリアル)で取引アカウントへのアクセスを許可します。
MQL5.communityにログイン
MQL5.communityにログインして追加のサービスを受け取る為の取引プラットフォームの設定を開きます。
プログラムの終了
プログラムを終了します。
言語
MT5でサポートされる言語のリスト。新しく選択した言語を適用するには、プラットフォームを再起動する必要があります。
ツールバー
ツール、チャート、分析ツール、および期間の詳細を設定します。
ユーザーは、メインメニューの下にある 'ツール'アイコンを使用して設定することもできます。
ステータスバー
ステータスバーはMT5の下部にあります。 このバーでは、ステータスバーにチェックマークが付いている場合は、アクティブな状態を意味します。 ステータスバーには、アカウント名、マウスポインタの時間と日付、価格とサーバー接続のステータスが表示されます。
チャートバー
チャートの下部にあります。このバーでユーザーは簡単に設定 / 閉じることができます。
銘柄
各銘柄の仕様バー、チャートバー、ティック、詳細、失効を見ることができます。ショートカットキー「Ctrl + U」で同様に実行することもできます。
板注文画面
交換実行モードで取引された銘柄は、交換された銘柄に対して取引され、取引オペレーションは外部取引システム(交換)に加えられ、交換されない銘柄に対しても適用される。
気配値表示
通貨ペアウインドウを表示 / 非表示にします。通貨ペアバーに売り / 買い価格が表示されます。 ユーザーは同じ機能を実行することも出来ます。又はツールバーの< Ctrl+M >でも同様に実行できます。
データウインドウ
データウインドウを表示 / 非表示にします。マウスが指し示す日付 / 時刻 / 価格を表示します。 データウィンドウにマウスカーソルがポイントされた日付 / 時刻 / 価格が表示されます。 ユーザーは同じ機能を実行できます。 ショートカットキー「ctrl+D」でも同様に実行できます。
ナビゲータ
ナビゲータウインドウを表示 / 非表示し、保有口座、インディケータリスト、エキスパートアドバイザ(EA)、ユーザーのインデックスおよびスクリプトを表示します。 ユーザーは同じ機能を実行できます。 ショートカットキー「Ctrl+N」でも同様に実行できます。
ツールボックス
ターミナルウィンドウを開閉します。 ツールボックスには、取引 / 運用比率 / 口座履歴 / ニュース / 受信トレイ / 指標カレンダー / 会社 / マーケット / アラート / ライブラリ / エキスパート / 操作ログが表示されます。 ユーザーはツールで同じ機能を実行できます ショートカットキー「Ctrl+T」でも同様に実行できます。
ストラテジーテスター
様々なレポートのテストと表示、このウィンドウでエキスパートパラメータを最適化することができます。 ユーザーは同じ機能を実行できます。 ショートカットキー「Ctrl+R」でも同様に実行できます。
チャット
MQL5コミュニティに接続します。 ユーザーは同じ機能を実行できます。ショートカットキー「Alt+M」でも同様に実行できます。
全画面表示
全画面表示を変更 / キャンセルします。 開いていると、メインメニューとグラフのみが表示されます。 ショートカットキー「F11」でも同様に実行できます。
インディケータ
インディケータは「インディケータ」で挿入 / 削除できます。ナビゲータからダブルクリックしてチャートに挿入できます。
オブジェクト
これらは分析ツールグループのタイプです。 それらは垂直線 / 水平線 / トレンドライン / アングルトレンド / サイクルラインです。 これは分析ツールのアイコンにあります。 ユーザーはチャートに特定のラインを適用できます。
板注文画面
板注文画面は、実際の現在値との取引の要求成行値を表します。ユーザーはショートカットキー< Alt+ B >を使用して同じ機能を実行することができます。
インディケータリスト
MT5チャートに挿入されたインディケータを編集 / 削除します。 ショートカット< Ctrl+1 >で同じ機能を実行することができます。
オブジェクト
チャートに挿入されたトレンドラインを管理します。
バーチャート
チャートタイプをバーチャートに切り替えます。 ユーザーは同じ機能を実行できます。 ボタンまたはショートカットキー: 「Alt+1」
ローソク足
チャートタイプをローソク足に切り替えます。ユーザーは、チャート-ローソク足で同じ機能を実行できます。「チャート」メニューにあるボタン、または < Alt+2 >
ラインチャート
チャートタイプをラインチャートに切り替えます。 切替方法:チャート - ラインチャート又はショートカットキー「Alt+3」
時間足設定
チャートの時間足を設定します。ユーザーは1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足の中から選択可能です。その他方法:チャートにあるアイコンクリック又はチャート上で右クリック-時間足設定
定型チャート
アクティブ・チャートの定型チャートを操作します。 ユーザーは、チャートの設定を別のチャートに適用することができます。 他の方法:すぐにクリック>定型チャート。
グリッド
チャートのグリッド線を表示します。別の方法:チャート上で右クリック-グリッド又はショートカットキー「 Ctrl+G 」
自動スクロール
自動スクロールを有効にします。最新チャートを自動的に表示します。ユーザーは同じ機能を実行できます。
チャートシフト
アクティブなチャートの場合、チャートを左のウインドウ枠からチャートのシフトラベルに移動します。(ウインドウ上部のグレーの三角形)ラベルはウインドウサイズの10〜50%以内でマウスで水平方向に移動出来ます。ユーザーは同じ機能を実行できます。
ボリューム
アクティブなチャートのボリュームが表示されます。ユーザーは同じ機能を実行できます。
ティックボリューム
チャートのティックボリュームを表示 / 非表示にします。ユーザーは同じ機能を実行できます。
ズームイン
チャートをズームインします。ズームインする事で詳細な表示が可能になります。チャート上で「+」キを押しても同様に実行できます。 このチャートツールボタンを押すか、チャートの下の部分「日付時間」を左クリックした状態で右方向にドラッグします。
ズームアウト
チャートをズームアウトします。ズームアウトするとチャートがより広く表示されます。チャート上で「-」キを押しても同様に実行できます。 このチャートツールボタンを押すか、チャートの下の部分「日付時間」を左クリックした状態で左方向にドラッグします。
ステップバイステップ
チャートを1足づつ左に移動します。又はF12を押すことで同様に実行できます。
プロパティ
チャートウインドウはこのメニューで変更できます。チャート上で右クリック-プロパティ又はショートカットキー「F8」で同様に実行できます。
新規注文
気配値表示ウィンドウで通貨ペアをダブルクリックするか、右クリックで新規注文またはツールグループボタンをクリックします。 ショートカット「F9」
ストラデジテスターエージェントマネジャー
戦略テスターエージェントのMetaTesterエージェントマネージャーを開きます。 ショートカット「F6」
MetaQuotes言語エディタ
システムトレーディング戦略Expert Advisor、新しいユーザインジケータを作成するためのMeta Editorを実行し、スクリプトと編集を行います。 ショートカット「F4」
グローバル変数
グローバル変数のリストを含むウィンドウのグローバル変数を設定するための新しいウィンドウを開きます。 グローバル変数は、すべてのエキスパートアドバイザー、カスタムインジケータおよびスクリプトに共通する変数です。 ショートカット「F3」
MetaQuotes言語ライブラリ
ダウンロードしたMQL5.communityに公開されているオープンMQL5ライブラリ。 ソースコードのベースはMetaEditorの「ツールボックス」ウィンドウの「図書館」タブで開きます。 ショートカット< F2 >。
オプション
MT5のユーザー設定を変更します。 ユーザーはログインとパスワードの変更、チャート、取引、エキスパートアドバイザの設定を変更することができます。 ショートカットキー「Ctrl + O」
ウインドウの整列
チャートウィンドウをタイルとして配置することができます。 ショートカットキー「Alt + R」で同じ機能を実行することができます。
重ねて表示
様々なチャートを階段のように階段式に配置させる。
水平分割
多数のチャートが開いている時は、チャートを水平に並べることができます。
垂直分割
多数のチャートが開いている場合は、チャートを垂直に並べることができます。
アイコンの整列
ばらばらに配置された最小化チャートウィンドウを下段に整列して配置させる。
ヘルプトピックス
ヘルプメニューには、MT5に関する一般的な有用な情報が含まれています。 ショートカットキー「F1」でも同様に実行できます。