取引所

WISE 預金

パートナー

サポート

プロモーション

CONTRACT TRADING GUIDE

レバレッジ損益について

レバレッジ損益について

無期限先物契約は一種の金融派生商品です。需要によっては所有量を調節でき、決められたコインで価格を計算し、取引及び決済を行う期限がない商品です。

1~100倍のレバレッジを提供することにより資金の利用効率を上げることができ、既存の現物よりさらに簡単で多様であるという点と
契約取引において価格上昇及び下落も全て収益のチャンスがある点がメリットとしてあります。

レバレッジ提供・契約取引・価格上昇/下落により収益のチャンス 購入: BTC価格の上昇を予想し、BTCで無期限先物契約を購入、将来BTCの価格が購入当時の価格より高い場合、収益が発生。
売却: BTC価格の下落を予想し、予想よりもBTCで無期限先物契約を売却、将来BTCの価格が売却当時の価格より低い場合、収益が発生。

レバレッジ提供・1~100倍のレバレッジ比率による収益

契約取引:100倍のレバレッジが適用し、1BTCを証拠金として100BTC相当の契約を購入または売却することができます。

比較的で安全な5倍のレバレッジを例に(わかりやすく説明する為、以下の内容は手数料ファンディング費用を含みません。)
1)購入時、将来のBTC価格が1%上昇→ 収益5%増加、将来のBTC価格が1%下落→損失5%増加
2) 売却時、将来のBTC価格が1%下落→ 収益5%増加、将来のBTC価格が1%→損失5%増加

高いレバレッジは高い収益を得ることができますが、その分高いリスクを負う為、レバレッジの選択は慎重に行っていただきます様お願い致します。

Physical VS Perpetual Contracts

1.購入収益

Sユーザー -> 現物所有、 Fユーザー ->無期限先物契約所有、 1BTC=8,000USDT, 1契約=1USDTと設定した後、ビットコイン価格上昇を予測し
Sユーザーは8,000USDTを消費し1BTCを購入し、Fユーザーは8,000USDTを消費し10倍のレバレッジでBTC先物契約10×8,000契約を購入したと仮定します。

ビットコインの価格が8,800USDTまで上昇した場合、2人のユーザーの収益は:
S: (8,800-8,000)*1=800USDT -> 収益率10%
F: [(1/8,000-1/8,800)*10*8,000]*8,800=8,000USDT -> 収益率 100%

2.売却収益

Sユーザー -> 現物所有、 Fユーザー-> 無期限先物契約所有、 1BTC=5,000USDT, 1契約=1USDTと設定した後、ビットコイン価格下落を予測し
Sユーザーは1BTCを売却し5,000USDTを保有し、Fユーザーは5,000USDTを消費し10倍のレバレッジでBTC先物契約10×5,000契約を売却したと仮定します。

ビットコインの価格が4,500USDTまで上昇した場合2人のユーザーの収益は:
S: 資産5,000USDT, 変動なし ->収益率 0%
F: [(1/4,500-1/5,000)*10*5,000]*4500=5,000USDT -> 収益率100%

3.購入損失

Sユーザー -> 現物所有、 Fユーザー -> 無期限先物契約所有、 1BTC=5,000USDT, 1契約=1USDTと設定した後、ビットコイン価格上昇を予測し
Sユーザーは 5,000USDTを消費し 1BTCを購入し、 Fユーザーは5,000USDTを消費し10倍のレバレッジで BTC 先物契約10*5,000 契約を購入したと仮定します。

ビットコインの価格が上昇せず 4,700USDTまで下落した場合2人のユーザーの損益は:
S: (4,700-5,000)*1=-300USDT -> 収益率 -6%
F: [(1/5,000-1/4,700)*10*5,000]*4,700=-3,000USDT -> 収益率 -60%

上昇マーケットではなくても無期限先物契約をうまく活用し高収益を得る事が出来ます。
しかし同時に高リスクが伴う為、お客様ご自身でリスク管理を行い、充分考慮頂いた上で無期限の先物契約をご利用ください。